本物のベネチアングラスのネックレス、イヤリング、ピアスがお手頃な価格でお求めいただけます。
 

ベネチアンガラスとは


 ◆ ベネチアンガラスの商品一覧

 イタリアの伝統工芸品というと「ベネチアンガラス」を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか?
 その名のとおり中心地がイタリアのベネチアであることは言うまでもありません。

 このページでは、日本でも高い人気を誇るベネチアンガラスをご紹介して参ります。

特徴


赤  ベネチアンガラスは、鉛を含まないソーダ石灰を使用することが特徴で、コバルトやマンガン  などの鉱物を混ぜることで様々な色合いを表現しています。
 混ぜた鉱物により硬度が変化し、赤色のものが最も硬度が高いことは有名です。

 基本的な製法は、ソーダガラスを使用した吹きガラスですが、
 空中で吹くことにより極薄に吹き上げる技法や、ガラスを細かく引き伸ばしそこに竜や花や鳥
 などの複雑なモチーフの装飾を施すなど高度なテクニックを駆使し、創り出します。

 そんなガラス制作に熟練した職人をイタリアでは「マエストロ」と呼びます。

歴史


 700年以上もの歴史と伝統を今に伝えているベネチアンガラスですが、別名ムラノガラスと呼ばれているのをご存じですか?

 ムラノとは、ベネチア本島から北東約1.5kmにある島で、ここでガラス製造が集中して行われていたため「ムラノガラス」  とも呼ばれています。

 では、何故ムラノ島で製造が集中していたのでしょうか?
 その理由は、あの有名なスワロフスキーと同く、その製法の秘密を守るためにベネチア本土からムラノ島に工房を移転したの  だといわれています。

 そして、ムラノ島で制作されるガラス芸術は、15世紀には高級工芸品として価値を持ち始め16世紀には、ヨーロッパ全土で  広く受け入れられ、流行していきました。
 ヴェルサイユ宮殿の「鏡の間」は、12人のムラノのマエストロがベネチアから連れ出されて制作したともいわれています。

 その名をヨーロッパ全土に広めたベネチアンガラスは、主に貴族や富豪のために特別に注文されたテーブルウェアを制作する  ために、大きくそのスタイルを発展させました。

 そして現在、熟練したマエストロ達は子から子へとその技術を伝承し、昔と変わらぬ伝統の技を活かしながらベネチアンガラ  スは創り続けられています。

 機械での大量生産では出せない本物の味わいが、700年経った今も人々の心を魅了し続けるのです。

ベネチアンビーズ


◆ ミッレフィオーリ

ミッレフィオリ
 ベネチアンビーズと言えば、ミッレフィオーリをイメージする方は多いのではないでしょうか?

 千の花という意味を持つミッレフィオーリは、何百年もの歴史を経て人気のある代表的手法のひ
 とつです。
 金太郎飴のような花の棒を2〜3ミリの厚さに切ってベースのガラスに貼りつけ熱加工をします。




◆ 24金箔

ミッレフィオリ

 24金の箔を贅沢に使ったベネチアンビーズです。
 金箔は豊かさと優雅さを持つヴェネチアそのものを連想させます。






◆ シルバー925箔

ミッレフィオリ

 スターリングシルバーの箔を使用したビーズです。
 シルバー色が、爽やかで軽やかな印象を与えます。






◆ ヴィチェンツァ

ミッレフィオリ

 ヴィチェンツァラインのムラーノガラスは、24カラットの金箔とスターリングシルバーを
 ランダムに塗布した後、透明なガラスに包まれたものです。

 2色のコンビネーションにより、より華やかな仕上がりになっています。

ページトップへ